無職のクレカの申し込みで親の経済状況が審査される事も

無職 クレカ 親の経済状況

無職の方がクレカを作る際には、たまに親の経済状況が見られる事があります。

 

例えばご両親と同居をしている無職の方々です。本人には収入が無いのですが、ご両親には収入があるケースが非常に多いです。

 

そしてカード会社としては、申し込み者本人ではなくご両親の方に対する審査を行っている事があるのです。というのもカード会社というのは、収入の状況を気にしている事が非常に多いです。ある程度安定した収入がある方が、カードを作りやすい傾向があります。

 

しかし無職の方の場合は収入がありません。このため本人ではなく、同居している親の収入状況が見られる事がたまにある訳です。

 

そのようなパターンの場合は、もちろん申込書に対してご両親のデータなどを記載する必要があります。そしてデータを受け取ったクレカの会社は、ご両親の方の収入状況を確認します。それで特に問題がなければ、申込みをしてきた無職の方に対してクレジットカードを発行するという流れになります。

 

大手サービスのクレカ、今では無職でも契約可。

経済環境に変化より、雇用の流動化が昨今、激しくなりました。
家庭の事情でお仕事を辞められる方も増え、無職の男性が増加傾向にあります。

 

無職になりますと、社会的な信用度が低下する、という指摘がありましたが、それは既にひと昔前の常識です。

 

今どきの金融機関や銀行はあくまで個人の性質で判断してくれるため、無職だからという理由だけで融資が断られる事は原則ありません。

 

クレカの契約も普通に可能です。
大手のカード会社であっても、きちんと申し込み書類を作成し、身分証明書等を提出すれば十分審査をクリアー出来るでしょう。

 

また個人によっては、立場や収入に関わらず、キャッシング機能が付いたクレカも契約出来ますので、正社員の時代同様に、融資の申込みが円滑に進められます。

 

求職中は何かと消費があるものです。
そういった時こそキャッシングカード機能が付いたクレカを契約し、いざという時は大手銀行や金融機関の融資サービスの支援を受けましょう。

 

【無職専用。クレカが申し込める案内所】 トップに戻る