無職の方がクレカの申込みの為に免許証を提出

無職 クレカ 免許証

無職の方がクレカの発行する為には、必ずカード会社に対して書類を提出する必要があります。いわゆる本人確認書類の提出が求められる訳です。
中にはその提出が不要な業者もあるのですが、基本的にほとんどの業者では必要です。

 

どのような書面ならば有効と見なされるかと言うと、その1つは免許証です。ほとんど全ての業者は、その書面を有効と見なしています。

 

では無職の方はその書面をどうやって提出するかと言うと、WEBもしくは紙媒体になります。前者のWEBなのですが、まずスマホやデジカメなどを用いて書面の撮影をします。すると画像データが作られますので、それをクレカの会社に送信する事になります。後者の紙媒体ですが、その書面のコピーを作ります。

 

それでFAXや郵送などを用いて、カード会社に送る訳です。最近では、前者の方法でカード会社に提出している方が多いです。

 

そして証明書を受け取ったカード会社は、無職の方に対する審査を行います。それで問題がなければ、融資が実行されるという流れになります。

 

転職中で無職の人がクレカを作るなら

クレジットカード、すなわちクレカを作成する時には審査を受ける必要があります。
働いている時なら審査に通りやすいですが、 誰もが職に就いているわけでありません。

 

特に転職中の場合には困ってしまうことでしょう。
そういう事情で職に就いていない場合は審査に通るかどうか心配になってしまうでしょう。

 

まず考えるべきことは、クレジットカード会社がどういった基準で審査しているかということです。
そういうことを考えれば、たとえ無職であっても、クレジットカードを作る方法が分かってきます。

 

クレジットカード会社から見ると家事手伝いも無職と変わりません。
そう考えるとこの悩みを抱えている人は意外と多いです。

 

審査に通るコツや申し込む際のポイントなどは実はいろいろ存在します。
クレカの審査に通りやすくするには、なるべく無職と書かない方がよいです。

 

嘘を書いてはいけませんが、記載方法に心象をよくする工夫を加えることは悪い事ではないです。

 

【無職専用。クレカが申し込める案内所】 トップに戻る