無職の方がクレカを作る為の身分証明

無職 クレカ 身分証明書

無職の方がクレカを発行する為には、身分証明の書面を提出する必要があります。理由はカード会社が申込者の身元を確認したいからです。

 

ではどのような書面であれば身元を確認できるかと言うと、例えば免許証です。その書類は、ほとんどのカード会社に対して有効です。ただ自動車免許が無い無職の方もいらっしゃいます。そのような方の場合は、保険証やパスポートなどでも身元を証明できます。

 

そしてどのような方法で提出するかと言うと、インターネットもしくは紙媒体になります。前者のインターネットですが、上記の書面を携帯のカメラやデジカメなどを用いて撮影します。そして画像データをカード会社に送付する事になる訳です。

 

また後者の方法ですが、上記の書面のコピーを取ります。それを郵送やFAXなどを用いて、クレカの会社に送ることになります。

 

その書面を受け取ったカード会社は、無職の方に対する審査を行います。それで何も問題がなければ、カードが発行されるという流れです。

 

無職の方がクレカを作る為に保険証を提出

無職の方がクレカを作る為には、まず金融会社の審査を受ける必要があります。その審査では、本人の身元が確認されます。その為金融会社に対して書面を提出する必要があるのですが、その1つは保険証です。

 

どうやってそれを提出するかと言うと、2つあります。WEB媒体もしくは紙媒体です。

 

前者の方法なのですが、まずデジカメなどを用いてその書面の画像データを作ります。それをクレカの会社に対して送信する訳です。もちろん有効期限内の書面を、送信する必要があります。また画像が不鮮明なデータでなく、鮮明な画像を送る必要があります。

 

また紙媒体の場合は、いわゆるコピーを送ることになります。送る方法としては郵送もしくはFAXになりますが、実店舗にそれを持参しても構いません。こちらの方法も、もちろん期限切れの書面は無効になります。

 

そして書面を受け取ったクレジット会社は、無職の方に対する審査を実施します。それで特に問題がなければ、カードが発行されるという流れになります。

 

【無職専用。クレカが申し込める案内所】 トップに戻る