無職だからこそ、クレカがほしい!そんなあなたに朗報です

無職 クレカが申し込める

仕事がない、お金がない・・・そんな時こそ、クレカが役立つのに、なぜ作れないんだ!

 

そうお嘆きの方は少なくないでしょう。

 

日雇いバイトでも何でもして、お金を支払う意思はある。
親がお金持ちだから支払ってくれる。

 

だから使った分のお金は支払える、なのに、クレジットカード会社はそんなこと信用してはくれません。
信用されるのは安定した収入だけです。

 

悔しいですし、生活も困ってしまいますし、踏んだり蹴ったりな思いをされているのではないかとお察しします。

 

そんなアナタに朗報です。
実は、無職でも作れるクレカが存在しているんです!

 

これまで何度も審査に落ちてうんざりしている人も、ぜひ再チャレンジしてみましょう。
もしかしたら、これでクレジットカード持てるかもしれません。

 

クレジットカードがあれば、今現在お金を持っていなくても、未来に稼ぐお金を使って買い物をすることができます。
使いすぎると未来のお金がなくなって未来の自分が困ることになってしまいますから、クレカが持てたからと喜んで使いすぎることだけはやめておきましょう!
当サイトおすすめはこちらに掲載しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
無職でも作れるクレジットカードなび

 

デビットカードという手段もあるけれど・・・そのメリット・デメリット

デビットカード メリットデメリット

もし、ただ単に「現金を持ち歩きたくない」という理由だけでクレカを作りたいのであれば、クレカにこだわる必要はありません。

 

最近では『デビットカード』と呼ばれるカードが人気を博しています。

 

デビットカードはクレジットカードとは似て非なるもの。
クレジットカードは「期日にお金を払いますから、この商品を購入させてください」というようなものです。
対してデビットカードは、「今銀行の口座に入っているお金を使ってこの商品を購入させてください」というものです。

 

なので、デビットカードはクレジットカードよりも現金に近い性質を持っているカードなんです。

 

店舗が採用しているシステムにもよりますが、インターネットの通信販売の決済にも利用できるところがあります。
こうして支払うと、支払い手数料がかからなくて済む場合がほとんどなので、とても便利ですね。

 

しかし、もちろんクレカのように『将来稼ぐ予定のお金を使う』ことができませんから、今手元にお金がない人にとっては役に立たないかもしれません。
「通販に使うカードがほしい」「現金を持ち歩きたくない」なのに、クレカが作れない・・・デビットカードはそんな人の生活に合っていると言えるでしょう。

無職でもクレカの審査に受かることは可能

無職 クレカ 審査通る

無職だと、一般的にクレカの審査に通りにくいといわれています。
しかし、やり方によってはクレカを作ることは可能です。

 

まず、先月まで働いていたという状態であれば、働いていた会社の名前を申込用紙に記入して、「現在は病気で療養中」などと書いておくと、通りやすくなります。

 

また、海外で仕事をしていた人がその仕事を辞めて日本に帰って来たという場合、そのことを正直に話せば、無職でも通る可能性が大きいです。

 

このように、仕事を辞めてからあまり間が空いていない状態なら通りやすいですし、それまでカードを作ったことがないというのであれば、未払いや滞納もないわけですから、むしろ通りやすいとすらいえます。

 

そして、どこかの会社に勤めていなくても、ネットオークション・在宅ワーク・デイトレなどによる収入があるのなら、ある意味「自営業」といえます。

 

たとえ金額が少なくても、収入があることには違いがないのですから、堂々と申し込めばいいのです。

 

無職や学生でもクレカがつくれます

無職 学生 クレカ 

無職や学生のときこそ稼ぐ手段がないので余計にクレカ(クレジットカードの略称)の必要性が高くなります。

 

しかしながら一般的にクレカの制作には所得の申告や一定以上の口座残高などそれ相応の資産が必要となってきます。

 

ただ学生用クレジットカードというものが存在するため、保護者ないしはそれに準ずる保証人の承諾が必要にはなってきますが、大学や高等専門学校に通いながらでもクレジットカードを所有し、ローンサービスを受けることが可能です。

 

無職の場合は若干ハードルが上がりますが、まずはデビッドカードというほとんど審査の必要ないカードを制作します。

 

これもクレジットカードの一種で一般的なクレジットカードが後払いなのに対し、こちらは即時決済取引つまり自分の残高分しか使えないカードなので審査も楽なのです。

 

このデビットカードを使いつつ、カード使用者の信用度を高めていき、然るべき資産を得たときにクレジットカードの審査に申し込みます。

 

晴れて審査を通れば、ローンサービスも借入も自由に行うことができます。